当会について

沿革

2011年3月11日
東日本大震災、東京電力福島第一原子力発電所全電源喪失

  • 3月12日1号機建屋で水素爆発
  • 3月14日2号機圧力容器損傷・格納容器損傷
  • 3月14日3号機建屋で水素爆発
  • 3月15日4号機建屋で水素爆発
2011年4月11日
飯舘村、計画的避難区域の指定を受ける
2011年6月16日
田尾陽一(現ふくしま再生の会理事長)他18名が飯舘村の菅野宗夫さん宅を訪問。以下の点で一致し菅野宗夫さんの避難留守宅を拠点として活動することで合意。

    • 今回の原発事故は人災である
    • 世界の叡智を集めて原発被害地域を調査し結果を世界に公表する
    • 菅野宗夫さん宅の自宅・農場を再生のための活動の拠点・実験場として活用する
    • 活動の結果得られた知見・情報は村民・行政と共有する

任意団体「ふくしま再生の会」がスタート。

2011年8月18日
第1回活動報告会・ふくしま再生の会検討会議(東京 文京シビックセンター)
2011年12月11日
第2回活動報告会開催(東京 工学院大学)
2012年6月5日
特定非営利活動法人に改組
2012年6月10日
第3回活動報告会「飯舘村村民とふくしまの再生を語ろう」開催(東京 工学院大学)
2012年6月
飯舘村佐須地区滑で原発事故後初めての水稲栽培を実施
国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構との協定による試験作付
2012年9月
飯舘村内の東北大学惑星観測施設の利用について協力を確認 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構提供の放射線測定器などを設置
2012年10月
三井物産環境基金の助成決定 2012年10月から3年間
2012年11月
飯舘村から「モニタリングセンター運営委託業務」を受託
村民による放射線の全村測定と測定データのマップ化事業に着手
2012年11月
東京大学の学内職員サークル「までい」が発足、当会会員と協力して大学設備を利用し福島県内で採取したサンプルの放射能測定を開始
2013年1月
伊達市保原町に常設の活動拠点を開設
2013年2月22日
第4回活動報告会開催(東京 東京大学)
2013年4月
公益財団法人 セコム科学技術振興財団の助成決定 2013年4月から3年
2013年6月
飯舘村佐須地区滑で2年目となる水稲栽培実験を行う
飯舘村小宮地区で水稲栽培実験を開始
2013年10月8日
第5回活動報告会開催(東京 東京大学)
2014年1月
NPO都市農村交流推進センターの事業に協力、飯舘村佐須地区滑の実験拠点に「点滴養液栽培施設」の設置作業開始
2014年3月26日
飯舘村役場にて活動報告会開催(福島市飯野町 飯舘村役場飯野支所)
2014年4月
飯舘村小宮で桜の植樹会を開催
2014年5月25日
第6回活動報告会「福島・飯舘村 再生の意味」(東京 東京大学)
2014年6月
飯舘村佐須地区滑で3年目となる水稲栽培実験を行う
飯舘村小宮地区で2年目の水稲栽培実験を行う
点滴養液栽培施設で農作物の栽培開始
2014年6月18日
東京都から認定を受ける(認定NPO法人)
2014年8月
放射線測定車2台を導入 (三井物産環境基金、スズキ株式会社、KEK=大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構が協力)
2014年9月
霊山センターの利用を開始 (NPO法人 小児慢性疾患療育会との協定事業 三井物産環境基金助成)
2014年10月15日
第7回活動報告会「村民による再生の試み」(東京 東京大学)
2014年11月6日
2014年飯舘村佐須での試験栽培により収穫した米をJAそうまで検査
全袋が検出限界値を下回る
2014年11月
飯舘村佐須地区で地元産出の土、木材などを使った放射線の遮蔽実験を開始
飯舘村産出の木材の放射能量の測定を開始
2015年3月
東京事務所を阿佐谷北1-3-6に移転
2015年4月
飯舘村佐須地区、東京大学「福島復興農業工学会議」、ふくしま再生の会の3者が地域の農業復興にむけ連携・協力する協定を締結
飯舘村関根・松塚地区、東京大学「福島復興農業工学会議」、ふくしま再生の会の3者が地域の農業復興にむけ連携・協力する協定を締結
2015年5月25日
第1回松川仮設住宅健康相談会を開催 毎月1度の開催を計画
2015年5月27日
第8回活動報告会「いっしょにしゃべっぺ」(東京杉並区 産業商工会館)
2015年6月
飯舘村佐須地区滑で4年目となる水稲栽培実験を行う
飯舘村小宮地区で3年目の水稲栽培実験を行う
伊達市霊山町石田地区に建設された除染廃棄物専用焼却炉稼働にともなう排煙などの影響を観測するため、飯舘村村内2か所に観測器を設置
飯舘村比曽地区で地元産出の土、木材などを使った放射線の遮蔽実験を開始
2015年7月
飯舘村屋外の各所に個人線量計DIS(Direct Ion Storage)の設置を開始 機材提供 KEK
2015年9月
伊達市保原の活動拠点を閉鎖
福島市の「再生可能エネルギー合同ビル」に入居し福島事務所とする
2015年10月14日
第9回活動報告会「農林畜産業の再生をめざして」(東京 東京大学)

TOPへ戻る